2009年12月03日

強さの計算はどのようにおこなっているのですか?

強さの計算はどのようにおこなっているのですか?

たまに、ご質問をお受けすることがあります。
今回は「強度の計算」についてふれてみたいと思います。

A. 熟練の設計士が確認申請業務を通して計算を行っています。建物のX軸方向とY軸方向だけでなく全体のバランス計算までしっかりとした計算を行っています。
木造の場合、建物が地震や台風の影響で倒壊しないように、水平力にたいして踏ん張れるよう柱と柱の間に筋交いをいれたり構造合板などを壁に貼り付けて、補強いたします。この壁を『耐力壁』といい、計画している建物にどのくらいの耐力壁が必要なのか計算することを『軸組計算』といいます。当社は『一級建築設計事務所』も兼ねていますので、確認申請業務の中でこの構造計算を行っております。

軸組計算の基準数値は建物の床面積と見付面積(建物の姿図、立面図)によって決まり、各階ごとに張間方向・桁方向でその基準を満たしていることが必要になります。他にも屋根に使用する材料の種類や重さによっても基準が異なってきます。

こうした条件を考慮した結果、「耐力壁がこのくらい必要です」という『必要壁量』が算出されます。例えばある条件から必要壁量が5000㎜必要と出たら、筋交いや構造合板などを貼り付けた壁(耐力壁)の長さが5000㎜ということですが、筋交いの種類や構造合板を貼り付けた場合では壁倍率が1.5倍、2倍、4倍と違ってきますので、全て4倍の壁倍率のものなら5000÷4=1250㎜の耐力壁が必要ということになります。


posted by hazemoto at 14:24| Comment(33) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

1年間に3回、定期点検で訪問します

引渡の年は1年間に3回、定期点検で訪問します。
もちろん、定期点検をしていれば大丈夫と言う訳ではありません。 ましてや引渡しをしたら、おわりなんて事は全然考えていません。
万全を期して、引渡をしても後から不具合な箇所が発生してきたり、どうしても手直しして欲しいところや、納得いかなくなるところって出てくることがあるかも知れません。
『地元で生まれ地元で育った工務店』として真正面からお客様の要求にお答えいたします。
施工者としては工業製品ではなく、あくまでもハンドメイドの家ですから、これくらいの許容範囲はご理解して頂かないと思うような時でも、お客様が納得して頂けないのなら多少のムリを承知で1回は再施工させていただきます。 もちろん、お客様のご要望を叶える事が出来ないケースも事例によってはあります。 補修や手直しをすると明らかに今の状態より悪くなるケースの時です。でも、ご指摘いただいたら逃げたり隠れたりいたしません。
posted by hazemoto at 13:36| Comment(10) | 定期点検 | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

地球のためのecoは家族の為のECO

太陽光発電+オール電化の家 『木rara』

北九州の子育てママ応援住宅の太陽光発電オール電化の家 『木rara』は光熱費0円住宅へ挑戦します。省エネ性の高いオール電化を空気の熱を利用するエコキュートで実現。CO2排出を抑えながら、「安心」「快適」「経済的」な地球と家計に優しいキレイライフを実現します。



地球のためのecoは家族の為のECOでした

生物圏内の生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題まで含めて「地球温暖化問題」と言われています。現在、温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して、さまざまな対策が立てられ、実行され始めています。
posted by hazemoto at 16:03| Comment(0) | 太陽光発電 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。